知られていない口腔カンジダ

知られていない口腔カンジダ

 

カンジダと聞くと、性器に起きる性感染症というイメージが、強いのではないでしょうか。確かにカンジダは、性交によってパートナーから感染することもあります。この場合ほとんどが性器におきますが、カンジダには口腔カンジダという病気もあります。これは、性器ではなく口腔内で起きる病気です。

 

健康な人の場合は、感染することは少ないのですが、高齢者や病気で抵抗力が弱い人、免疫が下がっている人、ステロイドや抗生物質を服用している人は、感染しやすくなります。どちらも同じ真菌と言われるカビが原因で起きます。下に白い苔が生えたようになる偽膜性と、赤く炎症を起こして痛みを伴う萎縮性の2種類あります。どちらも病院での治療が必要になります。免疫力が下がっている場合は、食事や睡眠をしっかり摂り、免疫をあげることが大切です。

 

また、抗生物質やステロイドが原因の場合は、本来の病気の治療が終われば、すぐに薬の服用をやめることが大切です。

 

治療は、内服薬の服用と外用薬による治療でほとんどが治りますが、再発防止をすることも大切です。日頃からしっかりうがいをして、口の中を清潔に保っておくことが重要です。特にお年寄りの場合、症状に気づかないこともあり放置しがちですので、家族や介護する人が、定期的チェックすることが大切でしょう。

 

 

亀頭包皮炎に必要な飲み薬

 

ちょっとしたことでも炎症が起きてしまうほど、陰茎はデリケートな部分です。性行為をしていない人であっても、トイレの際に手が汚れてばい菌が付いていた場合でも亀頭包皮炎になる可能性はあります。自分でトイレができない赤ちゃんであっても亀頭包皮炎になる可能性がありますので、日頃から清潔にしておくことが求められます。

 

陰茎に炎症が見られた場合、亀頭や包皮であった場合疑われるのが、亀頭包皮炎です。これには2種類あり、細菌性のものとカビの一種であるカンジダ性のものがあります。主に飲み薬を用いるのは、細菌性の物であり、炎症が酷い場合は、抗生物質の飲み薬を服用することがあります。カンジダ性のものは、飲み薬というよりも主に抗真菌剤とストロイド含有の塗り薬を用いて治療を行います。

 

両方とも合併することもあり、その場合は併用して治療薬が用いられます。どちらの症状なのかをはっきりとさせないと、効果的な治療を行うことができませんので、まずは病院に行って診察をしてもらいましょう。またデリケートな部分ですので、治療薬の効果は個人差があります。医師の管理のもと服用するのが正しい治療ですので、恥ずかしがらずにしっかりと治療を受けてください。

 

とりすぎは避けよう!副作用トラブルを防ぐための摂取目安量知識

 

その強い抗酸化作用から、目の機能回復にアンチ・エイジングにと、あらゆる角度から熱い視線を浴びているルテイン、積極的に摂りたい栄養素の一つですよね。ルテインの1日の摂取目安量は6㎎程と言われています。これはホウレンソウに換算すると3分の1束ほどになりますので、摂取出来ない量ではありませんね。もっとも、毎日ホウレンソウを3分の1束食べるということになると、けっこう大変かもしれません。そこで登場するのがサプリメント、ということになるのですが、ここでちょっと注意していただきたいことがあります。
 サプリメントでルテインを摂取する場合、いくら身体に良いからと言っても、やみくもに摂っていいというものではありません。元々体内にある物質なので深刻な副作用などが報告された例はありませんが、それでも胸やけ、目の痒みや腫れ、喘息などの症状が時々確認されています。また、摂取量もさることながら摂取方法が問題で、お酒を飲んだ前後や喫煙した前後にはサプリメントの摂取は控えた方がいいでしょう。
 とは言え、ルテインは安全で健康効果の高い栄養素です。摂取目安量を少し上回ったからと言って、それで何かが起こるわけではありません。通常の摂取量や摂取方法を守る限りは極めて有効な健康法なので、摂取法を守りつつどんどん摂っていただきたい栄養素の一つと言えるでしょう。

 

性器ヘルペスが陰部にできてしまったときの対応策

 

性器ヘルペスは性感染症の一種で、性交渉によって感染するものです。性器ヘルペスの症状は、水泡のようなものができ、潰れることで分泌液が患部の周辺にも付着するため、ただれたようになり、ヒリヒリとした強い痛みを感じるようになります。陰部にできた場合、尿をすることができないくらい痛むこともありますし、ひどくなると陰部だけでなく、膀胱などにも感染してしまうこともあります。再発しやすい感染症ですので、早期治療することが重要になります。性器ヘルペスが陰部にできたら、パートナーも同時に感染している可能性が高いので、性交渉をすることはやめて、すぐに医療機関へ行き、検査をしてもらうようにしましょう。性器ヘルペスは口唇ヘルペスができている状態でオーラルセックスやキスなどをすると感染することもありますので、口唇ヘルペスができている時には性交渉は控えるようにしましょう。できてしまった時には、なるべく患部を触らないようにして、清潔を保つことが大事です。入浴する際には、湯船のお湯から感染することはありませんが、桶や椅子から他人に感染することもあるので、椅子や桶などは使用後にしっかりとお湯で流すようにするか、気になる場合はシャワーで済ますようにしましょう。

 

【毛ジラミと性病の知識】コンドームの効果と正しい使い方

 

毛ジラミは吸血性昆虫が陰毛に寄生する事によって発症する性感染症です。毛ジラミは体長1~2㎝程で肉眼で確認する事ができます。陰毛の根元にくっついている事が多く一見フケの用ですが良く見ると虫の形をしています。症状は男女共に激しいかゆみを伴います。毛ジラミはあまり陰毛の根元から動かず吸血し続けます。白い下着を着用すると赤黒い点状のシミが見られます。この赤黒いシミは毛ジラミの糞尿となります。感染するのは主に陰毛ですが、毛があるところならどこでも感染します。陰毛の他に脇毛、胸毛、ひげ、頭髪に感染する事があります。しかし、大抵は陰毛にきせいしているので感染経路は一般的に性行為によって感染する事が多い病気となります。しかし、家族で入浴後に同じタオルを使用したり、毛ジラミがいる箇所と接触することによって感染する事もあります。性感染症なので避妊具を着用すれば予防できると思いがちですが、陰毛の接触は避けられないのでコンドームを着用しても予防する事はありません。そのため、予防法としては感染している相手とは性行為を避ける必要があります。確実な治療方法は既製場所の毛を全部剃ることで寄生する事が出来なくなります。剃る事が無理な場合は薬用のシャンプーやパウダーで治療する事になります。

 

毛ジラミ

2016/01/07 00:57:07 |
フィンペシアとキノリンイエローAGA治療薬に、フィンペシアって薬があるんですが。これ、プロペシアのジェネリックとしてかなり有名だったんですよね〜。価格も安いから人気もあったし、他の薬が出て来ても相変わらず売れてたみたいなんだけど。でも前にフィンペシアのコーティング剤にキノリンイエローっていうのが使われるようになって。それで、利用者が減ったみたいなんですよね。キノリンイエローって日本では駄目なヤツみたいで。発ガン性があるだのなんだのって言われてる成分なんです。でも実際のところ、それでもフィンペシア使ってる人は多くって。そういう人はなんだろ?キノリンイエローとか、そういう成分に詳しくて知識があった...
2016/01/07 00:56:07 |
お金を掛けたくなかったらフィンペシア通販を育毛薬に掛かるコストを抑えるために、フィンペシアの通販を利用するようになりました。今までは病院でフィンペシアをもらっていたんですけどね。ただ、どうしてもお金が掛かるんですよね・・・。まぁ本気で薄毛を何とかしたいんだったらグダグダ言うな!と言われてしまうかもしれないですが。やっぱり抑えられるなら抑えたいですよ、出費。なので、結果として安く済ませることのできるフィンペシア通販を利用しているわけです。今のところ飲んでいても、病院でもらっていたのと差異は感じませんし、安心して飲めています。副作用とか脱毛とかもないですしね。けして通販サイトで買うから劣悪品という...